自己破産という制度は、かなり昔からあって、破産法というものが1922年、大正11年に制定されています。自己破産という制度を理解する上で、きちんと持って欲しい考えは、「国民が持っている権利」ということです。 法律で定められている以上、自己破産は立派な国民のもつ権利です。債務者には重圧がのしかかります。自己嫌悪でもあり、債権者に対する罪悪感でもあるでしょう。債権者が直接自己破産に対して制止を促すケースもあります。 繰り返しになりますが、自己破産は国民のもつ権利なのです。 一方、債務者にはペナルティが生じます。自己破産は何度も行える制度ではありません。自己破産があるから『借金しても大丈夫』、だなんて思わない事です。 誤解してはいけないのが、自己破産は借金を踏み倒す為の権限ではありません。

スポンサードリンク

自己破産の手続きや申し立ては、まず弁護士に相談しよう。

借金をしてしまうというのは、生きている上で少なからず誰でも経験があることではないでしょうか。
消費者金融などに借金をしてしまった場合は、返済状況によっては人生が狂いかねません。近年はキャッシングローンをカードを使った安易なキャッシングが目立ちます。その結果、ここ10年で借金を多大に背負うことになった人はかなり増えました。

一方、完全に自己責任で借金を返済不可能な状況にまで陥ってしまった人が増えているのです。そういった人たちが望みを託すのが、自己破産という制度なのです。この自己破産によって、借金が帳消しになることは事実です。

自己破産とは、国が設けた、個人に対しての救済措置なのです。

関連ニュース

▲このページのトップへ